日本語

English

日本語

English

日本発の
コンピューター・シミュレーション技術を
駆使した医療機器を通じて
世界のヘルスケア分野に貢献します

研究開発中のサービス

心臓シミュレータを活用した新たな医療コンピューターシミュレーションサービス

会社紹介About Us

ジャパンメディカルデバイス株式会社

私達は、心臓シミュレータの事業化を行う会社です。 『心臓シミュレータ』とはスーパーコンピュータの演算能力を活用し、 臨床データや、CT、エコー画像等の情報を元に、個人の心臓を忠実にバーチャル再現する、世界最高峰の技術です。 この技術を活用し、従来にはない新たなプログラム医療機器を開発し、 医療現場へのコンピューターシミュレーションサービスの提供や医療関係者への教育コンテンツの提供に取り組んでいます。

お知らせ / Information

矢印お知らせ一覧

代表挨拶Message

当社は、2020年11月16日に、第一種医療機器製造販売業であるPIA株式会社からの会社分割により設立した会社です。これまでPIA社で培った医療機器製造販売業のノウハウを活用し、心臓シミュレータという革新的なテクノロジーを用いて、新たな医療機器の開発および事業化に取り組んでいます。 矢印PIA株式会社の紹介はこちら 心臓シミュレータとは、十年以上にわたり東京大学が富士通株式会社と共同し、スーパーコンピュータ上で開発した技術です。臓器レベルから分子構造レベルまでの高度なモデリング技術とスーパーコンピュータの超高速計算技術により、人体の臓器を仮想空間上に再現することが可能となります。

この技術を活用し、患者様にとって侵襲性の高い検査の置き換えや、医師にとって難解な手術の術式決定の支援、更には手術後の効果予測や現状では見えない細かい血管レベルの状態把握など、今後様々なサービスを開発し提供してまいります。世界をターゲットとして大きく事業展開し、人類のQOL向上を大きな目標としています。

本事業は、東京大学、富士通、PIA社の三つの組織がキープレイヤーです。この三組織を繋ぎ、心臓シミュレータという素晴らしいテクノロジーを世に出すことが、私自身の使命と考えています。というのも、私は三組織全てに所属していたからです(下記経歴の通り)。

これらの集大成として、人生をかけて、本事業に取り組む所存です。私だけではなく、強い思いを持った信頼できる仲間が集結しました。ぜひ彼らの紹介もご覧ください。

本事業は社会的意義の非常に高いものです。診断、治療の前に、あなたの心臓が忠実に再現され、目の前で見ながら状態を把握でき、そして治療結果までも予測できる。そういった、従来にはない、全く新しいデジタル医療の世界を作りあげたいと考えています。

ジャパンメディカルデバイス株式会社

代表取締役社長兼CEO 岡野貴史

経歴

  • 1997年に東京大学理科Ⅰ類に入学、2003年に東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻を修了
  • 2003年に富士通株式会社に入社、コンサルティング(2003~)、グループ経営(2007~)、新規事業企画(2017~)、
    ヘルスケアSE (2020~)を経験(2012年マネージャーに昇格、2017年シニアマネージャーに昇格)
  • 2019年1月からPIA株式会社の執行役員を兼務、2020年7月からPIA株式会社に出向

アクセスAccess

〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル


  • JR、都営地下鉄五反田駅より・・・徒歩8分
  • 東急電鉄目黒線不動前駅より・・・・徒歩6分
  • 東急電鉄池上線大崎広小路駅より・・・徒歩5分