日本語

English

日本語

English

News

お知らせ
2022年2月17日

文部科学省スーパーコンピュータ「富岳」成果創出加速プログラムにて、当社の技術者が担当している「富岳」全系の1/2規模を用いた心臓シミュレーションに成功しました

ジャパンメディカルデバイス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:岡野貴史、以下JMD)は、2021年4月1日より、文部科学省スーパーコンピュータ「富岳」成果創出加速プログラムの一つである「マルチスケール心臓シミュレータと大規模臨床データの革新的統合による心不全パンデミックの克服」にメンバー参画しております。

http://ut-heart.com/Fugaku/index.html

この度、当社CTO千葉らがスーパーコンピュータ「富岳」を利用し、「京」の約5.4倍規模となる約383万コアの計算資源を用いた超大規模な心臓シミュレーションに成功しました。「富岳」では、粗視化分子シミュレーションと心臓シミュレーションを連成させた拍動解析が可能となり、拡張型心筋症と肥大型心筋症の発症メカニズムの解明に向けて大きな一歩が踏み出せました。

JMDは、株式会社UT-Heart研究所や他の協力機関と一体となって本研究に従事し、本研究の成功に向けて尽力いたします。

当社は、本研究を通じて、心不全患者の早期発見や治療に貢献し、全人類のQOL(Quality Of Life)向上に寄与します。

【本件リリースに関するお問い合わせ先】
ジャパンメディカルデバイス株式会社 担当:千葉 修一(ちば しゅういち)
MAIL:contact@jmd-corp.com